医師が転職に失敗しないためには

転職に失敗しないコツをお教えします!

Home

医師が転職に失敗しないためには

医師が転職に失敗しないためには

最近では転職を考えている人はとても多いのですが、これは医師の世界でも同じことが言えます。こうした医師の転職については様々な理由があります。

まずは時間が不規則なため、自分の時間が取ることが出来ないということもありますし、給料があまり良くない割には激務で何のために働いているのか分からないということも言われます。

更にあるのは、地方の系列病院に異動になったため家族と離れて単身赴任しなければいけないということと、自分の本当にやりたい仕事をさせてもらえないということもあります。

こうした医師の転職については様々な理由がありますが、転職に失敗しないために大事なことがあります。それはなにかというと、なぜ転職したいかという理由を明確にすることです。

医師の場合でも、技術があれば大丈夫ということでなく、理由が明確でなぜここで働きたいかということを話せないと雇ってくれないと思います。そのためこうした理由は常に考えておくことが大事になると思います。

医師の転職でおすすめのサイトはこちら

転職理由をよく考える

医師が転職をする理由にはいくつかあります。

一番多い理由に収入の問題がありますが、勤務がハードでプライベートを犠牲にしている医師もいます。休日もなく勤務しているのに収入が少ないと感じている方も多いと思います。夜勤がなく休日出勤もない医師もいます。収入にも満足でき、大きな病院とは違い、緊急性も少なく精神的にも余裕があります。

最近は、インターネットで簡単に職探しができる点も転職をする理由でもあると思います。他の病院の収入や勤務時間なども分かります。

スキルアップを目指して転職される医師もいます。今の病院よりも最新の技術を導入した病院で働いてみたいと誰もが思います。スキルアップで収入も増えますし、今後の転職にも有利です。最新の治療で患者さんを救うこともできます。

スキルアップを目指すなら以前は、大学病院のような大きな病院を目指す方が多くいたようですが、最近は、美容クリニックでも最新の技術を導入していますから、医師の転職先も広がっています。

円満退社

医師が現在の職場から転職して開業医になったり他の医療機関に勤めることを考えるならば、誰もが気をつけておく必要があるのは現在の職場を円満退社しておくことです。

医療業界は狭い業界なので、たとえ職業選択の自由が行使できるとしても円満退社してからの転職ということでないと、転職後の職業生活が苦難の多いものになりかねないからです。

医師が転職するための方法を指南している支援情報サイトは検索で探してみると結構存在すると分かります。それらのサイトを参考にすると、円満退社のときに重要なこととして、上司の顔を立てられるように理由は前向きの理由であるようにすることが挙げられます。

医師が転職するときの選択肢は開業医となる、もしくは他の医療機関に勤めたり研究職に就くといったものがあり、それらの選択肢を選ぶことは医師としてのレベルアップにつながると判断できます。

ですから、退社する理由としては上記のどれかを選ぶことが、無難でなおかつ有効だといえるのです。

Info & Utils

Published in 金曜日, 1月 18th, 2013, at 2:23 PM, and filed under .

Do it youself: Digg it!Save on del.icio.usMake a trackback.

Copyright © 医師が転職に失敗しないためには All Rights Reserved.